料理によって調理器具の素材を使い分けるポイントについて紹介しているサイト

道具は使いやすさが大事

材質と同じく使いやすいサイズが大事

調理方法によって調理器具の素材が重要であるように、調理器具のサイズもまた重要な要素です。
調理器具を普段使っている人なら感じたことがある人も多いのではないでしょうか。
もう少し大きかったら良いだとか、同じものでもう少し小さいものが欲しいなど、人それぞれに使いやすいサイズというものがあります。

手に馴染んで取り回しがしやすく、できればあまり重たくないもの、またはある程度重さのあるものなど、調理方法や調理の習慣など人によって求める調理器具の特性はさまざまです。
結局のところ使用感は使ってみて初めて実感する部分ではありますが、日常の中で自分の手に馴染むサイズを何となく意識しておくと調理器具を選ぶ時に参考になるのでオススメです。

部品は少ない方が良い

電気鍋や圧力を使用したアイテムなど何らかの便利な調理器具を持っている人は多いでしょう。
これらを日常的に使用したい場合、性能はもちろん大事ですが同じようにメンテナンスや掃除のしやすさが大切です。
便利で美味しくできるけれど部品が多くて洗うのに一苦労するようなものだと使うことそのものを渋ってしまって結局あまり出番が来ないということもあるでしょう。

便利な調理器具にはそれを使用するメリットがありますが、使用時のメリットだけではなく使用後にもメリットがあるようなものだとより良いですね。
毎日調理をするという人には特に使用後のメンテナンスが少なくて済むことが大切なはずです。
洗いやすい材質であることや、部品の多さ、凹凸の洗浄しやすさなどちょっと意識して選ぶとより日常に馴染む道具になってくれます。


この記事をシェアする